コラム

  • HOME>
  • コラム>
  • 子宮頸がん予防のために、HPVワクチン接・・・

子宮頸がん予防のために、HPVワクチン接種を推奨します

2024.07.04

荒川区では子宮頸がんワクチンの接種が接種対象者であれば、無料で受けられます。

小学校6年生から高校1年生までの定期接種の方と、2007年から1997年生まれまでの方のキャッチアップ接種が実施されています。

キャッチアップ接種については、2025年3月末で終了となっていますので、注意が必要です。

 

標準的な接種間隔の場合は、接種開始から接種完了まで6ヶ月かかりますから、2024年9月末までに1回目の接種を行わなければなりませんから、お早めに初回接種をご検討下さい。

2024年に高校1年生相当の女子も、公費で接種できるのは20253月末までですから、お早めに初回接種をご検討下さい。

 

子宮頸がんは2030歳代の女性のがんの中で最も多いことが知られています。

日本では年間約10000人のが新たに子宮頸がんと診断され、3000人近くが命を落としています。

子宮頸がんの95%以上はヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスが原因で起こります。HPVは性交渉を通じて子宮頸部に感染し、性交渉経験のある女性の約80%が感染しているといわれています。そのため、初回性交前のワクチン接種が推奨されています。

定期的な子宮頸がん検診での早期発見も勿論重要ですが、早い年齢のうちにワクチンを接種し、HPVの感染予防を行なっておくことがさらに重要です。

 

「シルガード9」というワクチンはこれまでのワクチンと比べて多くのHPVの型に対応しており、子宮頸がんにかかった方の90%近くのHPVの型に対応していることが分かっています。

 

副反応について心配がある場合は、接種を考えるクリニックや医院に一度相談してみるのも良いでしょう。土屋クリニックでは、ワクチン接種前の相談にも乗っておりますので、接種に不安のある方や質問がある方は是非お問合せ下さい。

 

まとめ

・新しい子宮頸がんワクチンが無料で接種が可能です。

・キャッチアップ接種と定期接種の高校1年生相当の女性は20253月末までに接種を完了する必要があるので、なるべく早めに初回接種を検討して下さい。

 

日本医師会による動画はこちらから↓

https://www.med.or.jp/people/health/kansen/011756.html

 

■クリニック名

医療法人社団杏音会 土屋クリニック

 ■院長

土屋 杏平

■所在地

〒116-0003 東京都荒川区南千住7丁目12−15

電話番号03-3806-9029

03-3806-9029

icon web

24時間受付中WEB予約

icon web

発熱外来WEB問診